rumah-k-d-a-t

カンナとダイスケ家族日記

助け合い。

私の住まいは、私が生まれ育った所、つまり私の実家に住んでいるのです。


ここは敷地が小さく実家は郊外にもう少し広い敷地を購入して建てたので、今の実家は別なのですが💦


ややこしや。 伝わりましたかね?


なので、近所の皆さんは私を子供の頃から知っているので、ご近所付き合いは家族みたいな付き合いになっています。


昨日はゴミの日で、ゴミをボックスに入れていると、小さな声で何やら聞こえて来て振り向くと、斜め向いのお家で、一人暮らしをしているおじいちゃんが呼んでいました!


「どうしましたかぁ?」 って聞くと、


「今日は何ゴミの日~?」 って言うので、


「燃えるゴミの日だよ。 捨てて来てあげるよ」 って捨ててあげたのですが、その時はありがとうって、終わったのに、暫くしたら、ピンポ~ン ってなり、あれ? またおじいちゃん。

 

「どうしたん?」 って、カンナと一緒に出て行くと!


「わし、昨日死にかけた」 って、言うのです。 


なので、「何で? どうしたん?」って、また聞くと!


どうやら、こたつを着けたいのにこたつが温かくなって来ないし、ストーブも無いから、(危ないから、娘さんが置いて行かなかったのです)寒くて布団被って丸まって居たけど、もう限界だから見て欲しいって、事でした。


カンナと一緒に行っちゃったもんだから、カンナは寒さでブルブル震え💦💦


こりゃ外と変わらない寒さ! 耐えられないね!!


こたつを見てみると、確かに壊れちゃっていて温かくなって来ない💦💦


パッと上を向くと、エアコンがあったからエアコンを付けてあげて、暖房が出て来たのを確認してから帰って来ました。


「ありがとう。 ありがとう。」


って、何回も言われて帰って来たのですが、我が家の向のお家も、おばあちゃんの一人暮らしです。


これは助け合いが必要だなぁ~! って、しみじみ感じました。


今日も寒くて、雷なってる。

雷にビックリして飛び出たアンズ( ´艸`)


耳が前に倒れてるよ(*^o^*)


タイヨウも怖くて来たね。


おじいちゃん、大丈夫かなぁ?


霰も降ってたし、ちゃんとエアコン付いているか心配になっちゃうね!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。